風力発電投資 55WIND(55ウィンド)

自然エネルギーについて

自然エネルギーへの投資で大切なこと

自然エネルギーは太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス、などがあります。
続きを読む

NEDOは風力発電設備の稼働率向上に向け、システムの開発に着手

日本の風力発電における資本費および運転維持費は、他国と比較して高い水準にあります。台風や落雷など欧米に比べて厳しい日本の気象条件の中で長期間、安定的に風力発電事業を行い、導入量を増やすためには、風車の信頼性のみならず、発電効率の向上やメンテナンスの高度化などの技術開発による一層の発電コストの低減が求められています。 続きを読む

五島市、世界首長誓約・日本に署名

五島市は、2018年8月1日、「世界首長誓約/日本」に署名しました。
続きを読む

見逃していませんか?風力発電投資

太陽光発電の収益性は年々下がる一方で、投資家は新たな魅力的な投資媒体として注目されつつあります。
そこでわたしたちは小型風力発電投資をご紹介します。
近年は小型風力発電機を取り扱う業者の数もかなり増加していますので、ここでは採算性について触れていきます。
続きを読む

紹介したい土地があるんだけれど?


ありがとうございます!

※現在風力発電の用地は募集しておりませんが、
 太陽光発電での用地募集を行なっておりますので、お気軽にご相談ください!

太陽光発電設置や風力発電設置による土地活用は、長期にわたる安定収入、
眠っている土地の有効活用、すでに活用している土地の二重活用などメリットがたくさんあります。
続きを読む

埋蔵文化財包蔵地に該当したらどうなるの?

風力発電の開発に伴い土木工事を行なう場合、市区町村の教育委員会などに備え付けてある遺跡地図や遺跡台帳などにより、対象地が「周知の埋蔵文化財包蔵地」存しないかを確認します。

埋蔵文化財包蔵地に存する場合における手続きの流れは概ね以下の通りですが、流れや用語は地方公共団体により異なる場合があります。

続きを読む

各県庁・市区町村の役所への開発許認可申請について

固定価格買取制度(FIT)が制定されて5年が経過しました。わずか5年で導入量は大幅に増大した一方で、国民負担の増大や未稼働案件の増加、地域住民とのトラブルが増加するなどの課題を踏まえ、行政庁や市区町村の役場への申請項目も増えました。

なお全ての項目がクリアしてから風車設置工事を行ないますので、ご安心ください。

続きを読む

風力発電物件の選定について

弊社の社是にもあるように、地域社会の発展と繁栄に貢献することをモットーとしておりますので、風力発電物件の土地の選定には地域住民の方、風車に携わる方を十二分に意識したものとなっております。

続きを読む

風力発電のNK認証とは何を認証しているか?

そもそもこのNK認証とは何を認証しているか?というと、一般財団法人日本海事協会が、国内・国際規格の基準(JSWTA国内業界規格、JIS等)を基に性能及び安定性についての適合性を評価しており、日本の厳しい気候への耐性や長期間の安定した操業を資するために第三者制度が必要なため出来た制度の事です。

続きを読む

風速に関係なく限りなく発電されるのでしょうか?

風車にはカットイン風速というものがあり、この風速を超えない場合風車は回転されません。また、カットイン風速以下ではプロペラが回っていても発電されることはありません。
製品によってちがいがありますが、多くの風車メーカーがカットイン風速を2~3㎧としています。(風速2~3㎧は顔に風を感じる強さ、木の葉が揺れる程度です)
続きを読む

鳥がぶつかって死亡することはあるのでしょうか?

風力発電施設の設置については、猛禽類をはじめとした鳥類が風力発電施設のブレードに衝突し死亡する事故が生じており、野生生物保全と風力発電推進の両立を目指す上での課題となっています。
続きを読む

グリーン投資減税は適用されますか?

残念ながら、小型風力発電設備は対象設備ではないため使うことができません。
風力発電設備はいずれの年度も1万kW以上が対象設備になっておりますので、20kW未満の小型風力発電設備ではグリーン投資減税をうけることができません。
続きを読む

風力発電投資55WIND

PAGE TOP