風力発電投資 55WIND(55ウィンド)

自然エネルギーについて

五島市、世界首長誓約・日本に署名

五島市は、2018年8月1日、「世界首長誓約/日本」に署名しました。

「世界首長誓約」は、温室効果ガスの削減を目指す世界的な取組みで、EUの温室効果ガス排出削減、目標以上の削減を目指す自治体首長がその旨を誓約し、行動計画を策定するもの。これまでにEUを中心に約7,500の自治体が参加しています。

日本でも取組みが始められ、九州では唯一五島市だけが参加しています。
平成30年8月31日現在、国内での参加自治体は、滋賀県大津市、北海道ニセコ町、長崎県五島市、大阪府豊中市、群馬県南牧村、静岡県三島市、京都府与謝野町の7自治体。五島市は、滋賀県大津市、北海道ニセコ町に次いで3番目の署名でした。

五島市は、今後2年以内に、2030年の五島市内の温室効果ガスの削減目標及び行動計画を策定し、達成に向けて計画を実施していきます。

【五島市について】
五島市は、長崎市の西約100キロに浮かぶ11の有人島と52の無人島で構成されています。人口は約37,298人(2018年7月末現在)です。

【五島市における再生可能エネルギーの取り組み】
「五島市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本目標1「五島の恵みを活かし、雇用を生み出す“しま”をつくる」に掲げる再生可能エネルギー産業創出プロジェクトに基づき、風力発電設備の実現やメンテナンス等関連産業の育成及び雇用の創出、潮流発電の実証事業などに取り組んでいます。

また、五島市再生可能エネルギー基本構想を策定し、~自然エネルギー物件設置で活力をつくり、自然エネルギーを生産する「エネルギーのしま~をテーマに、地方創生、雇用・関連産業の創出、企業誘致、環境に優しいまちづくり、新たな自主財源の確保を推進しています。

平成28年4月には、五島市崎山町沖で、浮体式洋上風力発電設置による発電事業がスタートしました(日本初の商用運転)。今後は、その風車から、さらに沖合に10基程度増設する予定です。
また、奈留瀬戸では潮流発電の実証事業が行なわれています。

※内訳
・浮体式洋上風力発電設備…1基
・大型陸上風力発電設備…11基
・小型陸上風力発電施設…27基)

【五島市の自然エネルギー設置による電力自給率(推計値)】
40.1%(平成29年度)

風力発電投資55WIND

PAGE TOP