風力発電投資 55WIND(55ウィンド)

自然エネルギーについて

風力発電物件の選定について

弊社の社是にもあるように、地域社会の発展と繁栄に貢献することをモットーとしておりますので、風力発電物件の土地の選定には地域住民の方、風車に携わる方を十二分に意識したものとなっております。

①年平均風速を6メートル毎秒(以下m/s)以上の土地とする

風力発電による売電投資では、風速により発電量が大きく変動し、売電収入にも大きく影響します。現在スタートしたばかりの小型風力発電業界において、設備の設置コストや機器コストは高く、風速が5m/s程度では利回りがかなり低く、売電投資としては成功しない可能性があります。弊社では年平均風速6m/sを最低ラインとすることで、設置コストなどをカバーできるよう心掛けています。

②民家より100m以上離れた土地とする

従来の風車で問題視されてきたのが騒音や低周波音による人体への影響です。実際大型の風車ではとても大きな騒音や振動が伝わるため、民家が近くにない山奥や海岸、洋上といったエリアに設置しています。最近の風車(特に小形風車)は技術の向上により限りなく小さくなり、25mという近い位置にいても56db程度となっています。しかしながら人によっては56dbでも気になる方がいらっしゃる可能性がありますので、弊社では最低でも100m以上離れた(20db程度)土地とすることで、人体へ影響しないよう心掛けています。

56db:クーラーの室外機の音 20db:置時計の秒針の音

 

風力発電投資55WIND

PAGE TOP