風力発電投資 55WIND(55ウィンド)

自然エネルギーについて

風速に関係なく限りなく発電されるのでしょうか?

風車にはカットイン風速というものがあり、この風速を超えない場合風車は回転されません。また、カットイン風速以下ではプロペラが回っていても発電されることはありません。
製品によってちがいがありますが、多くの風車メーカーがカットイン風速を2~3㎧としています。(風速2~3㎧は顔に風を感じる強さ、木の葉が揺れる程度です)

では逆に、風力が強ければ強いほど回転が増すのかといいますとそれも違います。
台風や強い風が吹くときは、事故や故障を予防するために自動的に止まるように設計されており、この時の風速をカットアウト風速とよび、おおむね25㎧程度に設定されています。(風速25㎧はまさに台風並みの強さで木が倒れ始めるくらいの強風です)
このことから、風車は風速2~25㎧の範囲内では常に回転しているといえます。

もう一点、風力発電には定格風速というものがあり、これを超えたものは発電出力を一定に保たれます。
この定格風速も各メーカーによって異なってきますが9~12㎧程度に設定されており、この定格風速あたりで発電量は最大になります。
つまり、定格風速を超えたものに関して、発電量は上昇せず一定に保たれることになります。

風力発電投資55WIND

PAGE TOP